[下記のいずれかに該当する児童で、かかりつけ医が病後児保育に適すると認めたとき。]    
         
    出雲市内にお住まいの小学生までの児童。    
       
    出雲市外にお住まいで、出雲市内の保育所、幼稚園、認定こども園、小学校に在籍中の児童。    
       
       
   

  ■日常かかる病気(かぜ・扁桃腺炎・嘔吐下痢症など)については、急性期を経過したのち
             
  ■伝感染症については、急性期を経過したのち
             
  ■慢性疾患(気管支炎喘息など)については発作がおさまったのち
             
  ■外傷疾患(火傷など)については、症状が固定したのち

   
   

  ◎医師の許可があっても、利用当日の朝に熱が高い、食事や水分が摂れない場合は
   病気の急性期であるため、病後児保育室(回復期)
の利用はできないことになっております。

   
         
   
           
     
       
    ADDRESS 〒693-0006 出雲市白枝町1337-8    
       
    TEL 0853-21-7188(保育園と兼用)
   
       
    MAIL a2kidsroom@docomo.ne.jp    
       
    URL http://www.asunarohoikuen.ed.jp/kidsroom    
       
    専用携帯電話 080-2910-3521 (月〜金 8:30〜18:00)
   
※17:00以降は電話が繋がりにくいことがありますことをご了承ください
   
       
       
         
   
         
    月曜日〜金曜日 午前8時30分〜午後5時30分
土曜日 午前8時30分〜午後12時30分
   
       
    体調のすぐれないお子さまにとっての長時間の保育は負担をかけます。
なるべくご都合をつけて時間内の利用をお願いします。

   
       
    休園日/土曜日午後、日曜日、祝祭日、年末年始その他園長が認めた日
   
         
   
         
   

1日あたり500円(8:30〜17:30利用の方)

 

   
       
    減免制度あり。 ご利用当日に当園にご確認下さい。
8時〜8時30分までに入室される方、17時30分〜18時のお迎えの方は、
 延長料金がそれぞれ500円かかります。(前日までに要予約)
食事、おやつ代込み。
(月に1回程度お弁当の日があります。予約時にご確認下さい。)
シーツクリーニング代 150円/日
紙おむつ(必要な方のみ) 30円/枚
   
         
   
         
    (1) 保護者へ連絡し、医院へ連れて行っていただきます
   
       
    (2) 1ができない場合、かかりつけ医へ往診を依頼します    
       
    (3) 1及び2ができない場合、病後児保育室から協力医院へ連れて行き受診してもらいます。
   (この場合、後日保護者の方で協力医院へ保険証、受診料を持参していただきます)
   
       
         
   
         
    ■ 利用定員 ■    
     3名 (ただし、感染症の病気の方が複数利用される場合は、定員に満たなくても
     受け入れができない場合があります)
   
       
    ■ 職員配置 ■    
     看護師および保育士    
       
    ■ 受け入れ体制 ■    
     病後児保育室では、児童の体温管理等その健康状態を把握し、
 児童の状態に応じて安静が保てるよう処遇の内容を工夫します。
 ※かかりつけ医の指示に基づく「与薬依頼票」に沿った投薬は行いますが、
  採血や点滴などの治療行為は行いません。
   
       
         
   
         
    必要書類はあすなろ第2保育園、市役所子育て支援課、
 子育て支援センターなどに配置しております。
 出雲市ホームページからもダウンロードできます▶
 
「あすなろ第2保育園」または「出雲市病後児保育」で検索してください。

   
       
    予約・キャンセルはお早めにお願いします。    
       
    予約がいっぱいになった時や、伝染性の疾患が重なった時、または基礎疾患の程度により
 お受けできない場合もあります。ご了承下さいますようお願いします。
   
       
    食事アレルギーのある方は、急な利用の場合、お弁当を持参していただく場合があります。
   
       
   

次のような医師の指示があれば、処置を行うことができます。
 「医師連絡票」へ記入していただく必要があります。
                

 内服薬の与薬・・・・処方内容、時間
 吸入・・・・吸入薬の内容、量、時間(吸入器はご持参ください。)
 座薬・・・・内容、量、使用時間
  (座薬を使用する状態は、病気の急性期と見なしますので、
   その時点でお迎えをお願いする形になっておりますことを、ご了承ください。)