あすなろ 木下のこども あすなろ保育園 あすなろ保育園の園舍 あすなろの木
個人情報保護方針 ご意見ご要望 職員採用情報
私たちの園について 保育の内容 園の施設と環境
1年間の行事 子育て支援 園からのお知らせ
 
食事について 保育園の1日 多彩な保育、教育プログラム
 
 
     
  生きる基本だからこそ大切にしたい。ココロとカラダを育てる園の食事。  
  子どもたちが健やかに成長するために、欠くことのできない食事。おいしく味わって食べること、バランス良く栄養をとることは
心と体の健康に深く関わっています。園では自園調理や食育にこだわり、子どもたちに『食べること』のすばらしさを伝えていきたいと考えています。
 
  バランス良く、バリエーション豊富な献立
清潔で最新の設備の厨房
 
 
園の食事は専任栄養士が発育に必要な栄養バランスを計算し、作成した献立に基づき、調理スタッフが心を込めて作っています。嗜好、彩り、季節感、味付けや切り方・・・・など細部にも気を配りながら、子どもたちの「食べたい!」を刺激する工夫を大切にしています。「毎日おいしくて楽しいね。」そう感じてもらえるように、栄養と愛情たっぷりの食事で子どもたちの『食べる意欲』を育んでいきたいと考えています。

 
  安心な食材と徹底した衛生管理  
 
地元産の旬の野菜や果物は新鮮でおいしく、しかもたくさんの栄養が含まれてるため、園では地産自消にこだわり、食材は安全なもの、そして出来るだけ地元でとれたものを吟味して使用しています。調理スタッフの衛生管理に対する意識を高め、調理室も常に清潔を保つよう十分に配慮し、食の安全・安心につとめています。

 
  伝えたい。手作りの味、ふるさとの味、伝統の味  
 
乳幼児期は、味覚を形成する大切な時期といわれています。園では子どもたちの味覚を促すため、素材の旨味を大切にした、やさしい手作りの味を大切にしています。郷土食や伝統行事にちなんだ行事食もたくさん取り入れ、昔から受け継がれて来た食文化にふれてほしいと思っています。


 
  離乳食・アレルギー除去食にも対応しています  
 
個々の発育や身体上の理由にも適切な食事ができるように、成長の段階に合わせた離乳食、またアレルギー除去食にも対応しています。

 
       
  五感を刺激し、作る人と食べる人とのココロとココロがふれあう食事づくり  
 
大きなガラスの仕切り窓、広いカウンター。ランチルームすぐ横の調理室は、食事の支度をしている様子を眺めたり、
子どもたちが常に調理スタッフとコミュニケーションをとることができるように設計されています。
食材を切る音、煮たり焼いたりする匂い・・・五感をフルに働かせること、そして作る人と食べる人の心と心がふれあうことは
食事を楽しく豊かにする大切なことだと思うのです。


 
  五感を刺激する食事作り  
  視覚 嗅覚 聴覚 味覚 触覚  
  食事のマナーや生活習慣も大切に   楽しいね。クッキング保育  
 
事前の手洗いや食後の歯磨きなど良い生活習慣や食事のマナーも身に付けていきます。箸の持ち方、食べる時の姿勢、食べ物を粗末にしないなど、食事のマナーを大切にすることは、“食べる”ことを大切にし、ひいては“生きる”ことを大切にすることへとつながっています。また、園とご家庭とが一緒になって、子どもたちの生活全体を通した食生活・食習慣の在り方を考え、支えていきたいと思います。
 
食べるだけでなく、自分で料理をする体験。食材の色や形、匂いや手触りを知り、切ったり混ぜたり焼いたり、出来上がる過程にワクワクする。子どもたちはそんなクッキング保育の時間が大好きです。園では作る喜び・楽しさがいっぱい詰まったクッキングを通じて子どもたちの『食』への興味・関心を一層高めていきたいと考えています。
 
         
  食事のマナーや生活習慣も大切に   楽しいね。クッキング保育